無料法律相談について

Q.匿名での相談は可能ですか。

受けつけておりません。法律相談の回答を悪用されるケースを防止するためです。

Q.電話番号を秘匿することは可能ですか。

受けつけておりません。法律相談の回答を悪用されるケースを防止するためです。

Q.無料法律相談をした後、別の弁護士に相談しても良いのですか。

全く問題ありません。

Q.関西以外に在住する者ですが、無料法律相談は利用できますか。

相談数が多いため、無料法律相談は、現在、関西在住又は在勤の方に限らせていただいております。関西以外に在住の方は、お手数ですが、有料法律相談をご利用下さい。

Q.無料法律相談で電話すると、電話が繋がりませんでした。どうすればよいですか。

無料法律相談の場合、折り返しの電話等は行っておりません。お手数ですが、改めておかけ直し下さい。

Q.無料法律相談で土曜日に電話すると、電話が繋がりませんでした。時間内は、いつも誰が待機しているわけではないのですか。

土曜日は、当職も所外の会議等により、お電話をいただいても、電話が繋がらない場合があります。

Q.正式に依頼するつもりはなくても、無料法律相談の利用は可能ですか。

可能です。

Q.同じ内容で、複数相談することは可能ですか。

同じ内容での無料法律相談はできません。ご不安が残る場合は、有料法律相談をご利用下さい。

Q.別の弁護士に既に依頼している案件でも、無料法律相談の利用は可能ですか。

できません。別の弁護士に既に依頼されている案件の相談は、セカンドオピニオン法律相談(有料)のみに対応になります。

Q.どんな内容でも、無料で法律相談していただけるのですか?

相談数が多いため、無料法律相談は、現在、分野を限らせていただいております。

Q.電話での相談と来所相談、どちらの方が適切なアドバイスを受けられますか?

来所相談です。電話での相談の場合、こちらが資料等を確認することが出来ませんので、どうしても電話聞取りの範囲での回答となります。より正確な法的助言を受けられたい方は、ご面倒でも、来所での相談をお勧めいたします。

Q.無料法律相談(電話)を受ける際の、具体的な手順を教えてください。

無料法律相談専用のお電話に掛けていただくと、まず、当事務所の事務局または弁護士が、お電話を掛けられた方の「お名前」「お住まい(市町村名までで構いません)」「電話番号」「相談分野」をお伺いいたします(お伺いする際に費用は発生いたしません)。

無料法律相談の対象であることが確認できましたら、そのまま(或いは事務局が弁護士につないで)相談内容をお伺いし、内容に応じた法的助言をさせていただきます。
お住まいや相談内容等から、有料の法律相談となる場合は、有料となることをご案内・告知させていただきますので、有料の法律相談をご希望されるかどうかをお伝えください。

Q.電話の無料法律相談で、正確な法的アドバイスは受けられますか?

電話での無料法律相談でも真摯に回答させていただいておりますが、電話の場合、こちらが資料等を確認することが出来ません。また、文献や裁判例などを詳しく調査した上で回答させていただくわけではありませんので、回答の法的正確性には限界があります。あくまで「無料」の範囲内での回答であるとご理解いただき、必要であれば、有料での法律相談をご利用ください。

無料法律相談へ

人気記事ランキング

↑ページトップへ