事例紹介

園児の個人情報漏洩に対しての、保育士・保育園の法的責任について

Q.園児の個人情報漏洩に対しての法的責任は、保育士のみが負うものなのでしょうか?

大阪市の保育園で勤務していた、保育士の義母の件で相談させて下さい。

義母が、2ヶ月前、近隣住民のAに、自分の孫(義母の勤務する保育園に通っています)の事を聞かれ、日頃の様子等を話しました。すると後日、そのお孫さんの母親Bから、祖父Aから子どものこと等で、嫌がらせの電話が入るようになったと保育園に抗議がありました。B氏は、Aの息子(Bの元夫)からDV被害を受けており、AやBの元夫には、BやBの子の現住所等を一切秘匿していたようです。

もっとも、

  • ・B氏がDV被害者であるということ
  • ・B氏が、親戚等に現住所等を伝えないよう、予め保育園に要望していたこと

は、義母には全く知らされていませんでした。

また、保育園は、B氏を通じ、A氏の住所等を聞かされており、義母とAの住所が近いことも知っていたようです。

後日、保育園の園長、B氏、義母で3者面談が開かれる事になり、義母は責任を取らされ解雇される事となりました。

席上、園長は、義母の個人連絡先をB氏に伝えるなどして、B氏の賠償責任の追及を義母に仕向け、義母のみに過失があるとして、保育園側には全く責任がない、というスタンスを取りました。

B氏は、義母に対して、変更した携帯電話代、引越し代、慰謝料等の名目で、100万円~200万円を請求してきています。経緯が経緯なので、解雇はやむを得ないと思いますが、義母一人だけ個人的に損害賠償の全額を負わされる事がどうしても納得出来ません。今回の件は、義母一人だけが、当然として責任を負わされる事案なのでしょうか。また、B氏の請求額の妥当性も併せて教えて下さい。

A.B氏に対する義母様・保育園の法的責任の発生はやむを得ないかと存じます。

保育士には、業務上、守秘義務が課せられており、正当な理由なく、それを漏洩したことによりB氏が被害を被ったのであれば、それは賠償の対象になります。

その上で、「1.保育園の賠償の負担の有無や程度について」「2.全体の賠償金額について」回答させていただきます。

1.保育園の賠償の負担の有無や程度について

保育園が直ちに賠償責任を負わなくて良い、などということは決してありません。B氏は、もともと、保育園と契約を締結していたわけですから、保育園は、自己の無過失を証明しない限り、義母様と連帯して、B氏に対して、賠償責任を負担することになります。

保育園外・業務時間外のこととはいえ、B氏は、親戚等に現住所等を伝えないよう、予め保育園に要望していたとのことですから、そのことを義母様に伝え、B氏の意向を周知徹底していなかった保育園側には、過失が認められると思われます。したがって、保育園の責任は免れないでしょう。

この場合、A氏は、賠償責任全額を、保育園に対しても,義母様に対しても請求出来ることになりますが(トータルで請求できる金額は同一です)、仮に一方が、A氏に対して、賠償金を全額支払った場合、一方は、他方に対して、内部の負担割合に応じた求償金の支払を請求できます。

例えば、仮に義母様がA氏に対して、賠償金全額を支払った場合、義母様は、保育園に対して、賠償金額のうち●割を、保育園の責任によるものとして、その支払を請求できることになります。

保育園・義母様の内部的な負担割合が何割になるかは、ケースバイケースですが、

人気記事ランキング

↑ページトップへ