費用について 

弁護士の法律相談料金および弁護士費用についてご説明いたします。

費用チャート

費用チャート

費用についての考え方

弁護士費用は、事件を受任して着手する時に支払って頂く「着手金」と事件が解決した時に頂く「報酬」とがあります。(両方合わせて報酬ということもあります。)

原則としては、旧大阪弁護士会弁護士報酬規程を参考として依頼者と相談・協議して決めます。また、顧問契約をしている顧問先とは規程額の3分の2を基準としています。

事件には様々な事情があり、依頼者の方や相手方、紹介者の方にも事情があります。これら事情が社会正義の実現や法の支配の観点からみて、事件に着手する重要性や必要性があると考えた時には、依頼者の方の実情に沿って、着手金を当職の規程から減額したり、着手金を0円として実費だけで委任契約を行なって報酬額を決めて、事件に着手して紛争を解決する場合があります。ただし、弁護士費用の不当な減額を要求される場合には、事件受任をお断りする場合があります。

また、逆に着手金のみで報酬は少額として事件遂行することもあります。

このように、事件の内容や依頼者との関係で、お互いの信頼関係の上で適正な費用を呈示してご相談した上で費用は決めます。遠慮なくご相談ください。

弁護士費用

法律相談料 原則、初回の30分まで5,000円+税です(※1)。 その後、30分あたり5,000円+税です。ただし、事件を受けるときには不要です。
着手金 請求額や争う額の5~10% 事件に着手するときにお支払いいただく費用です。
報 酬 獲得額の5~20% 事件が解決したときにお支払いいただく費用です。
実 費 事件処理のために実際に出費される費用です。 交通費、切手代、各種証明書取得費用、鑑定費用など。

※1 無料法律相談について
当職は、来所・お電話・メールによる無料法律相談を承っております。弁護士に依頼すべきかどうかの判断材料としてお悩みをお持ちの方はご利用ください。

費用の詳細・参考例

着手金、報酬と一口に言っても、料金が発生するタイミングは様々です。

実際にどのくらいの費用がかかるのかの目安については、費用参考例のページをご覧ください。

弁護士費用の詳細を段階別にご紹介いたします。

人気記事ランキング

↑ページトップへ