分野別のADR一覧

民事上の紛争を解決するにあたっては、示談か訴訟かの2択を常に迫られるわけではありません。

双方、内心では妥結点を見い出したい意向がありながらも、諸々の理由で、示談解決は出来ないケースというのは往々にしてあります。

そのようなとき等に、当事者と利害関係のない公正中立な第三者が、当事者双方の言い分をよく聴きながら、専門家としての知見を生かして、柔軟に解決する法的手続きもあります。一般的に、調停や、あっせんと呼ばれています。

ADRのメリットとして

ことが挙げられます。

分野別のADRについては、下記をご覧ください

交通事故

労働事件

電子商取引・インターネット

商事

建設

消費者問題

金融商品トラブル

住宅紛争

離婚>

商品の欠陥に関する紛争(自動車・家電)>

提訴後の流れのページへ進む

お悩みをお持ちの方はご相談ください

当職は、お電話・メールによる無料法律相談を受け付けています。法律問題に関するお困りごとがございましたら、弁護士までご相談ください。

人気記事ランキング

↑ページトップへ