事例紹介

盗撮をしていた元彼は罪にならないのですか?

Q.私に無断で性行為を盗撮していた元彼は罪にならないのですか?

元彼から、無断で性行為を盗撮されていました。以前、私が浴室に入ってる間に盗撮しようとして大げんかをしたこともあり、元彼は、私が嫌がるのを分かっていました。その上で、盗撮に利用できる携帯電話のアプリを使って、性行為自体を撮影されていました。その事実が分かり、私は体調不良に陥ってしまい、別れました。

元彼は、盗撮をしても罪にはならないのですか?

A.元彼の盗撮行為は、軽犯罪法違反になる可能性はあるものの、特に、性行為を行った場所・元恋人関係にあった点等から、同法違反とならない可能性が残る、ということになります。

関係する法令としては、以下の法令が考えられます。

1.迷惑防止条例
2.わいせつ物頒布等の罪
3.軽犯罪法

1.迷惑防止条例 について

例えば、大阪府の迷惑防止条例(公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例)では、以下の通り、規定されています。

(卑わいな行為の禁止)
第六条 何人も、次に掲げる行為をしてはならない。
 人を著しくしゅう恥させ、または人に不安を覚えさせるような方法で、公共の場所または公共の乗物において、衣服等の上から、または直接人の身体に触れること。
 人を著しくしゅう恥させ、または人に不安を覚えさせるような方法で、公共の場所または公共の乗物における衣服等で覆われている人の身体または下着を見、または撮影すること。
 みだりに、写真機等を使用して透かして見る方法により、公共の場所または公共の乗物における衣服等で覆われている人の身体または下着の映像を見、または撮影すること。
 みだりに、公衆浴場、公衆便所、公衆が利用することができる更衣室その他公衆が通常衣服の全部または一部を着けない状態でいる場所における当該状態にある人の姿態を撮影すること。
 前各号に掲げるもののほか、人に対し、公共の場所または公共の乗物において、人を著しくしゅう恥させ、または人に不安を覚えさえるような卑わいな言動をすること。

(罰則)
第十六条 次の各号の一に該当する者は、六月以下の懲役または五十万円以下の罰金に処する。
 第六条の規定に違反した者
 常習として前項の違反行為をした者は、一年以下の懲役または百万円以下の罰金に処する。

各条文には、「公共の場所または公共の乗物」と規定されており、個人宅での行為は条例の対象外となっていることが分かります。したがって、ご相談の案件では、迷惑防止条例違反を問うことは難しいと思われます。

2.わいせつ物頒布等の罪 について

刑法では、以下の通り、規定されています。

(わいせつ物頒布等)
第百七十五条 わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、または公然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、または懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。
 有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、または同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

条文(1項)は、「物を頒布し、または公然と陳列した」と規定されており、単なる所持自体は、罰則の対象としておりません。一方、条文(2項)は、単なる所持であっても、「有償で頒布する目的」である場合は、罰則の対象となることを規定しております。

ご相談の案件の場合、元彼が貴女の写真を「頒布し、または公然と陳列した」(平易な言葉で申し上げると、不特定多数の人物に渡したり、ネット等で不特定多数の人物が見ることのできる状態にしたり等する場合を指します)のであれば、当然、上記の罪(1項)に問われることになりますが、現段階で上記の罪(1項)に問われることはないと思われます。

2項の罪については、「有償で頒布する目的」の証明が必要になってきますので、過去に販売実績がある、販売に使うサイトを立ち上げている、等といった相当の証拠が必要となってきます。ご相談の内容をお伺いする限りでは、証拠が揃っておらず、2項の罪を問うことも難しいと思われます。

3.軽犯罪法 について

軽犯罪法では、以下の通り、規定されています。

第一条  左の各号の一に該当する者は、これを拘留または科料に処する。
・・・
二十三 正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者

同条同号には、「正当な理由がなくて」「人が通常衣服をつけないでいるような場所」を「ひそかにのぞき見た」行為を罰することになっております。

「ひそかにのぞき見た」(行為)については、平成3年11月5日気仙沼簡易裁判所判決において、「8ミリビデオカメラを用いて便所内の女性の姿態等を撮影する「盗み撮り」行為は、軽犯罪法1条23号の盗視罪に該当し、犯人がその撮影内容を見ていなくても、同罪の既遂罪が成立する。」とされておりますので、ご相談の案件のように、携帯電話での盗撮行為も、「ひそかにのぞき見た」(行為)に該当する可能性が高いと思われます。

「人が通常衣服をつけないでいるような場所」については、性行為を行った場所が問題になると思われます。例えば、自宅の寝室で性行為を行ったと仮定すると、「人が通常衣服をつけないでいるような場所」とは一概に言いにくい?と思われる点はあるものの、条文は「住居」自体を「人が通常衣服をつけないでいるような場所」と位置付けていること、他人の住居の庭先に侵入してその住居内をひそかにのぞき見た場合に罰せられた裁判例があること(昭和57年3月16日最高裁判所第三小法廷判決の事案)に照らせば、「人が通常衣服をつけないでいるような場所」に該当する可能性はあると思われます。

「正当な理由がなくて」との点は、恋人関係にある(あった)ことをもって、「正当な理由」があるとは、当職個人の心情としては、絶対に認めたくなく、また、そのように解されるべきではない、と考えますが、当職が調べた限りでは、関連する裁判例が見当たりませんでしたので、何ともいえないところです。

結論としてまとめますと、元彼の盗撮行為は、軽犯罪法違反になる可能性はあるものの、特に、性行為を行った場所・元恋人関係にあった点等から、同法違反とならない可能性が残る、ということになります。

なお、元彼の民事上の責任は、昭和40年3月8日東京地方裁判所判決において、軽犯罪法1条23号が、一種のプライバシーの権利を認める趣旨の規定であることが判断されたこと等に照らすと、慰謝料名目の損害賠償責任が発生する可能性があります。

最後になりましたが、元彼の行為が、道義上、許されるものではないことは、当然のことと思われます。

刑事告訴の関連記事

お悩みをお持ちの方はご相談ください

当事務所では、お電話・メールによる無料法律相談を受け付けています。法律問題に関するお困りごとがございましたら、弁護士までご相談ください。

  • 刑事事件
  • 無料中小企業相談
  • 個人向け無料法律相談
  • 有料法律相談
  • 出張・セカンドオピニオン・スカイプ法律相談

人気記事ランキング

↑ページトップへ