事例紹介

株主が死亡した場合の、相続人による名義書換請求

Q1.株主が死亡した場合、相続人は、どのような手続により名義書換請求をすればよいのですか。

A1.相続人は、株式取得者として名義書換請求を行うことができます(133条1項)。

名義書換請求は、原則として譲渡人と譲受人が共同して申請しなければなりません(133条2項)。しかし、相続人は、共同して申請することができません(元の株主が死亡しているため)。では、どのような方法で申請することになるでしょうか。

株券発行会社の場合、相続人が株券を会社に提示することにより、書換請求を単独で行うことができます(会社法規則23条2項1号)。

また、相続人(あるいは共同相続人全員)が、以下のアイの事実を証明した場合も、単独で名義書換をすることができます。

このうち、アについては、除籍謄本を提出することで証明することができます。

イについては、戸籍謄本、遺産分割協議書、共同相続人全員の印鑑証明書で証明することができます。

Q2.会社は、相続人からの名義書換請求を拒否することは出来ますか。

A2.会社は、相続人から、適法な名義書換請求が行われると、これを拒否することはできません。

そのため、当該相続人が株主となることに問題があると考える場合、名義書換請求がなされるまでに、対策を立てることが必要になります。

では、どんな対策があるのか、次項でみていきます。(次回に続きます

株式・新株予約権・社債にまつわる問題(発行・譲渡・取得手続、種類)の関連記事

遺言・相続の関連記事

お悩みをお持ちの方はご相談ください

当事務所では、お電話・メールによる無料法律相談を受け付けています。法律問題に関するお困りごとがございましたら、弁護士までご相談ください。

  • 遺言・相続
  • 無料中小企業相談
  • 個人向け無料法律相談
  • 有料法律相談
  • 出張・セカンドオピニオン・スカイプ法律相談

人気記事ランキング

↑ページトップへ