商事取引

企業間では日常、個別取引や継続取引、元請・下請間取引、下請・孫請間取引、親子会社間取引、卸売・小売間取引等、様々な取引が行われており、様々な法的リスクや法的紛争に日々さらされています。予防法務の場面では、契約開始前に弁護士が法的リスクを分析しアドバイスすることで契約後に生じうるトラブルを見据えた、より柔軟な経営戦略を立てることが可能になります。紛争が顕在化した場面では、訴訟に至った場合の勝訴・費用・時間の見通し等を分析しアドバイスすることで、訴訟リスク等を見据える経営判断を行うことが可能です。

商事取引に関連する法律問題について

商事取引においては、独占禁止法、不当競争防止法をはじめとするさまざまな法令に従う必要があります。そのため、会社の規模や業種にかかわらず、会社経営にはさまざまな法的な問題が発生する可能性があります。

当職も、商事取引において発生するさまざまな法的問題について、調査・交渉・訴訟・文書作成などの法的サービスを通じて解決していきます。また、取引上予想される法的リスクや問題を未然に防止する「予防法務」にも力を入れています。

商事取引にかかわる業務例

各種契約書、法律文書の作成、チェック

知的財産権

金融

独占禁止、不当競争防止

商品やサービスの売買契約に伴う契約書の作成、検討、交渉

商事取引関係の参考事例の紹介

費用の相場

相手方に対して2,700万円の貸付金の返済を求めたケース:

着手金100万円+税(1,500万円の返済が認められ、その7%+税)
成功報酬150万円+税(1,500万円の返済が認められ、その10%+税)
控訴着手金30万円+税
強制執行30万円+税

法人の方へ

人気記事ランキング

↑ページトップへ